記事一覧

【海外日本人スーパーゴール】リアルキャプテン翼!オーバーヘッドキック編

【海外日本人スーパーゴール】リアルキャプテン翼!オーバーヘッドキック編

海外日本人のスーパーゴールシリーズ

これまで数々のスーパーゴールを日本人が決めてきました。

これからジャンルごとに分けて、TOP3のゴールを紹介します!以下のジャンルを毎日更新していきます!



【海外日本人スーパーゴール】オーバーヘッドキック編TOP3

3 岡崎慎司 vsハノーファー

3位は岡崎のシュツットガルト時代のゴール!おそらくJリーグで岡崎がアクロバティックなシュートを決めることはほぼなかったと思うので、多くの人が度肝の抜かれたのではないだろうか。

2 岡崎慎司 vsニューカッスル

これは昨シーズンレスターの優勝に大きく貢献した第30節の決勝ゴール。この試合までしばらくゴールがなかっただけにゴール後も喜びを爆発させている。レスターにとっても伝説のシーズンの伝説のゴール。

crown吉田麻也 vsPSV

1位にはvvv時代の吉田のゴールを選出。強豪のPSV相手に一時3-2と勝ち越す重要なゴールだ。このゴールで素晴らしいのは、センターバックらしからぬ身のこなしのバイシクルシュートであるだけでなく、その後のゴールセレブレーションもカッコいいことだ。

このゴールはオランダのシーズンベストゴールにも選出されている。文句なしの1位。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【海外日本人スーパーゴール】まるで糸を引くような軌道!ミドルシュート編

【海外日本人スーパーゴール】まるで糸を引くような軌道!ミドルシュート編

海外日本人のスーパーゴールシリーズ

これまで数々のスーパーゴールを日本人が決めてきました。

これからジャンルごとに分けて、TOP3のゴールを紹介します!以下のジャンルを毎日更新していきます!



【海外日本人スーパーゴール】ミドルシュート編TOP3

3 松井大輔 vsFCナント

ルマンで3シーズン目のシーズン終盤のゴール!ちょんと横にずらし、相手ディフェンダーがブロックしようと挙げた足の股を通し、正確にゴール左隅を射抜いた。グラウンダーであることも松井らしい。まさにゴールへのパス。

2 乾貴士 vsエスパニョール

2位は乾のエイバルでの初ゴール。ドリブルしつつ、ゴール右上隅にキレイに巻いたシュート。ドリブルのテンポ、シュートのタイミング、ボールの軌道、すべてが完ぺきなゴール。

crown中村俊輔 vsレンジャーズ

1位はもちろんこれ。中村俊輔が宿敵レンジャーズ相手に決めたゴール。そもそもこんなに曲がるシュートを見たことがないし、それをアウトでやってのけているのはなおさらすごい。

Youtubeで見ていると、欧州のスーパーゴール集にもたびたび登場している。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【海外日本人スーパーゴール】そっから決めるか!?ロングシュート編

【海外日本人スーパーゴール】そっから決めるか!?ロングシュート編TOP3

海外日本人のスーパーゴールシリーズ

これまで数々のスーパーゴールを日本人が決めてきました。

これからジャンルごとに分けて、TOP3のゴールを紹介します!以下のジャンルを毎日更新していきます!



【海外日本人スーパーゴール】ロングシュート編TOP3

3 南野拓実 vsリート

南野が昨シーズン第4節のリート戦で決めた2ゴールのうち2点目。シーズン初先発の試合でこれを決められるメンタルの強さと確かな技術はさすがとしかいいようがない。

2 酒井宏樹 vsブレーメン

2位はゴリ酒井のブンデスリーガ初ゴールがランクイン。酒井がミドルを撃つことは少ないのだが、この威力はすごい。リーグアン、代表でも見たい。

ゴールの後の満面のスマイルも最高だ(笑)

crown本田圭佑 vsユトレヒト

1位はこれしかない。本田がVVVを2部から1部にあげて王様として絶好調だった時期の一撃。この時の怖い者しらずの本田は今考えても恐ろしい。

23歳にして海外で10番とキャプテンを背負う選手は今後日本人で出てくるかどうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンチにいるだけで怖い!ここ10年間でJリーグ最強の「ジョーカー」3選

ベンチにいるだけで怖い!ここ10年間でJリーグ最強の「ジョーカー」3選

ジョーカーとは

最近、サッカー記事で「ジョーカー」という言葉をよく見かけるようになった。

どういう意味かというと、スタメンとして試合に出るのではなく、途中から出てきて流れを変えられる選手や得点に絡める選手のことだ。

流れを変えるということは個人の力が高くないとできない。特に相手DFが疲れたときに投入したい選手なので、足が速い選手が有効であることが多い。

今回は、2005年からJリーグを見ている筆者が、特に印象に残っているジョーカーを紹介したい。


最強のジョーカー3人

杉本 恵太

杉本恵太

一人目は2005~2010まで名古屋に所属していた杉本恵太。

裏に抜けるスピードとクロスを点で合わせる能力に優れ、特に2006~2008の間、途中出場でゴールを量産した。

複数のDFと競り合いながら決める力強さやアクロバティックな身のこなしも魅力。

杉本は途中出場で何度も重要な仕事をしてきた。2010年、ストイコビッチ率いる名古屋が優勝を決めた湘南戦では玉田の決勝ゴールをアシストしている。

筆者の中で、「the ジョーカー」といえば杉本以外浮かばない。

名古屋の後は、徳島、ヴェルスパ大分、タイのチームを渡り歩き、現在はJFLのヴェルスパ大分に戻ってプレーしているようだ。

【ACLアルイテハド戦のオーバーヘッド】



黒津 勝

黒津勝

2人目は2004~2012まで川崎にいた黒津勝だ。

特に川崎がJ1昇格2年目で2位に食い込んだ2006シーズンでは、黒津は途中出場がメインながら7得点をあげた。

2010シーズンは8得点を挙げているが、スタメンとして出ていたので、ジョーカーの役割ではなかった。

黒津の武器は、強烈な左足と高い身体能力、爆発的なスピードだ。

特にスピードに関しては、日本代表の元フィジカルコーチがスピードはインターナショナルクラス。ジーコジャパンでの20メートル走は坪井、宮本、(佐藤)寿人が速かったけど、多分クロの方が速いなと語ったほどだ。

ただ難しいシュートは決めるものの、簡単なシュートを外すことが多くあり、それが代表までは至らなかった原因の一つだ。

【「黒津ロケット」by 中村憲剛】

【一瞬のスピード】

【韓国代表イチョンスを文字通りぶち抜いたゴール】



浅野 拓磨

浅野拓磨

3人目は一気に最近の選手になるが浅野拓馬をチョイス。

浅野は昨シーズン途中出場で爆発的なスピードを活かし8ゴールを決めた。

今、シュツットガルトではスタメンで使われているようだが、ベンチに置いておくだけでも相手の脅威になれるプレーヤーだ。

裏抜けが巧い点では上2人と同じだが、低い位置からでもドリブルで持っていく推進力も兼ね備えているのが浅野の特徴だ。

ジョーカーとして最高の選手だが、やはり本人は90分出たいはずなので、今後強豪クラブのスタメンまで登りつめてほしい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

海外でプレーする前にJリーグを経験すべき3つの理由

前回の記事、Jリーグを経由せず海外に行き失敗した日本人プレイヤー3選で、これまでJリーグを経験せず海外に移籍し、試合に出れない期間が長かった3人を取り上げた。

今回は、彼らを参考にしながら、私が、選手が海外でプレーする前にJリーグを経験すべきだと考える3つの理由を書きたい。


その前にまず前回の記事で彼ら3選手のことをなぜ「失敗」という表現をしたのか述べたい。

前回の記事でもふれたように、成功や失敗は第三者からであっても意見が分かれることであり、何をもって成功か、逆に何をもって失敗かということに絶対的な基準はない。


槙野も、自分のドイツ移籍について、後にこう語っている。


「自分が経験したから後輩に伝えられることがある。ヨーロッパから戻ってくると、どうしても『失敗』と見られるじゃないですか。でも、成功か失敗かは自分にしか分からない。得られたものがあるなら、堂々と胸を張ってほしい」
引用- 『成功か失敗かは自分にしか分からない」。槙野智章が財産を手にした激動の2011年――欧州挑戦の真実』 サッカーダイジェストWeb


槙野の言っているとおり、成功か、失敗かは究極的には個人にゆだねられる。サッカー面においても、サッカー以外の面においても、海外に行ったことを選手自身はプラスだと思うかもしれない。


ただ、ここで日本人選手の欧州への移籍を個人の視点から、日本サッカー全体の視点に変えてみる。

槙野が欧州に移籍できたのは、当たり前だが槙野だけの力ではない。槙野がケルンに加入した2010年12月はちょうど香川がドルトムントに加入してから半年後で、香川がドイツで旋風を巻き起こしていたときである。

つまり、日本人の株が急上昇していた時で、槙野がその影響を受けたことは間違いない。

槙野がケルンに移籍した経緯が、サンフレッチェにいたときからオファーを受けていたわけではなく、現地で他チームに練習参加をしていた時というタイミングから考えても、それまでの日本人の活躍が槙野の移籍を後押ししたことは間違いないだろう。

逆に言えば、槙野の出来もその後の日本人選手の海外移籍の可否を左右することになる。

仮に槙野が海外移籍した経験を成功だと思っていても、海外に言った選手が試合に出れなければ、 当然日本人の評価は下がっていくので、他の日本人が海外に移籍するのは難しくなる。

実際、ドイツであれば、すでに多くの日本人がプレーしてきたので、コネクションも含めて、日本人の地位は盤石だとかもしれないが、フランスやスペインでは、まだまだ個人の活躍が日本人全体の評価になると思われる。

つまり何が言いたいかというと、個人にとっての成功と全体にとっての成功は違うということだ。

そして、槙野同様、前回の記事で上げた3人も、日本サッカーにとって、成功したプレーヤーではないといえる。

そういう意味で、前回の記事では「失敗」という表現をした。ただ、「失敗」と言い切るのは選手に対して失礼なので、その表現をしないことにする。

前回では、Jリーグを経由せず海外移籍してうまくいかなかった選手の事例を挙げたが、私は、海外に行く前にJリーグを経験するべきだと考える。理由は、以下の3つによる。


1 日本人の成長速度

2 怪我

3 ミスマッチ


1 日本人の成長速度

メッシは若干20歳でバルサで出場機会を掴み、リーガで14ゴールを挙げた。ネイマールは、21歳でバルサに移籍し、23歳でCL得点王になった。

彼らは正真正銘の世界トップクラスの選手だが、彼ら以外にも欧州では10代後半や21、22の年齢でチームの中心選手として活躍するのは珍しいことではない。


一方日本人はその年齢で、堂々とチームの中心に躍り出る者は極めて少ない。では、多くの若手がエースとして君臨している海外に比べると、まだ各チームの顔はベテランが占めるJリーグは危機的状況なのだろうか。私はそうは思っていない。

なぜなら、日本人と欧州の選手では、身長や筋肉のつき方が違うように、プレーが出来上がってくる年齢も違うと思うからだ。

風間監督は自身の著書でこう語っている。

世界では「18歳から伸びない」と考える傾向にありますが、日本はその逆、「18歳から伸びる」という考え方が定着しているといえるでしょう。
引用- 風間塾 サッカーを進化させる「非常識」論 朝日新聞出版

風間監督が言っているとおり、まず、世界と日本ではシステム上年齢の考え方が違う。

日本では多くの学生が高校から、大学に上がり、その4年間で将来を模索し、卒業後、社会人として教育され、だんだん独り立ちしていくのが主流だ。

それに対して欧米では、18歳になれば、ある程度将来の方向性は決まっていて、その道に対しての覚悟もできている人が多い。

ここにまず、同じ18歳という年齢でも日本人と欧米人では大きな違いがあることがわかる。これはサッカー選手も例外ではない。

違いがあるのは精神面だけではない。


アトレティコユースでプレーしていた玉乃淳さんは自身のユース時代を振り返りこう述べている。

「10代後半になると、体の育ち方が全然変わってくる。向こうの選手は筋トレをすればするだけ、どんどんたくましくなっていき、日々筋肉量の差を見せつけられました」
引用- 特別レポート 海を渡ったスポーツ天才少年たち 誰もが錦織圭になれるわけじゃない その光と影 現代ビジネス

肉体の成長も大きく異なるのだ。

欧米では、ユース年代からどんどん筋トレをするようだが、では日本人もそうすべきなのか?ということ考えると疑問符が付く。

わざわざ数字で比較するまでもなく日本人と欧米人の体つきは違う。

当たり前のことだが、体の成長速度に合わせてトレーニング方法は変えるべきである。


筑波大学でサッカー部を教えていた風間監督、実際に海外のユースでプレーしていた玉乃淳さんが日本人と欧米人(サッカーにおける世界)との成長の仕方の違いを語っている。

この二人の発言からわかることは、教育も、トレーニングも違う、日本と欧米は完全に別のサイクルで動いている。

高卒、または大卒でそのまま海外に行くことは、ある一貫したシステムを逸脱して、全くの別世界にいきなり飛び込むことになる。

突然、対戦相手がサッカーを生業にしている人になるだけでなく、技術的、体力的に桁外れな戦いを強いられるのだ。

その前にJリーグで海外経験のある選手や、ベテラン選手、外国人選手とやりあうことが十分海外でプレーする準備になるのではと思う。

武藤がチェルシーに行かず、マインツを選んだように自らの実力を認識したうえで、次のステージがどこなのかチョイスしないと後述するように大怪我につながったり、出場機会が全く得られなかったり、ということになる。


2 怪我

2つ目の理由は怪我だ。これまで若くして海を渡った多くの選手がまだ若いうちに大怪我を負っている。

選手名怪我した時の年齢怪我名
森本貴幸18左膝前十字靭帯断裂
小野裕二20左膝靭帯断裂
長澤和輝23左膝内側靭帯断裂
宮市亮22左膝前十字靭帯断裂

筆者の記憶の限りでもこれだけの選手が膝の靭帯を切るという大怪我を負っている。

膝の靭帯断裂は骨折や肉離れに比べて、治った後も動きやキレが元に戻らなくなったり、他の箇所にガタが来て怪我がちになる選手が多い。

小野伸二はつい最近の記事で18歳で左膝靭帯断裂のケガをしたことをこう語っている。


「今でも、『あれがなかったらなあ、どうだったんだろうなあ』と思うことは思います。でも、そんなこと言っても……。今でも、そうですね。自分にとってプロサッカー人生でピークはどこといったら、やっぱりあのころですね。僕が一番よかったなと思う時期は。現在は周りに言われてるほどではないと思うし、『自分が納得してサッカーやってたな』と思うのが、やっぱりあのときぐらいだったんで、全然違いますね」
引用- 小野伸二が語る“運命を変えた一戦”。「プロサッカー人生でピークは……」 Number


もちろん日本でプレーしている選手でも靭帯を断裂する選手はいるが、1チームにシーズン1人いるかいないかくらいの人数である。

上記のうち、森本、宮市は10代で海外に渡った選手だ。小野裕二は2シーズン横浜FMでスタメンでプレーしたのちで、長澤は大卒だ。つまりJでの経験がない、または少ない選手が海外で大怪我しているという見方もできる。

現代表の海外組で、膝の靭帯を切った選手は私の記憶の限りはいない。そして彼らはみなJリーグで3年以上プレーしている。

もちろん日本国内でも若い選手で、靭帯断裂を負ってしまう選手もいる。例えば、高卒で名古屋に加入した小屋松はJリーグデビュー戦で左膝前十字靭帯断裂している。

ただ、10代で海外に渡る選手がほとんどいないことを考えれば、靭帯を断裂する選手が明らかに多すぎる。

その理由の一つとして、海外の当たりの激しさがある。

上のリストでいえば、小野裕二以外はJのシーズンをスタメンで1シーズン経験した選手はいない。

Jリーグを経由せず海外に行く選手の対戦相手は、日本の同世代→海外のプロになるわけだ。それは怪我しないほうがおかしい。Jリーグを経験しても海外の選手とやりあえるようになるとは限らないが、少なくとも体の使い方のベースはできる。

海外組の中でJリーグを3年以上経験した選手で、靭帯を断裂した選手はおそらくいないのは、自分より当たりが強い相手との当たり方や力の使い方を習得しているからではないだろうか。

長澤は怪我した時のことをこう振り返っている。

そんなにラフなタックルは今までほとんど受けたことがありませんでしたし、オフシーズン明けの最初のキャンプ時でしたから、正直、「そんなにキツく来るのかよ」って思いましたね(苦笑)。
引用- 海外挑戦2年目を終えたケルン長澤が今季を総括「50点以下。代表の前にまずはクラブで活躍しないと」 サッカーキング

やはり靭帯を断裂するときは予想外の当たりや予想外のタックルを受けたときが多いと思われるが、Jリーグを経験することで、その予想がある程度できるようになるのかもしれない。

このように若くして海外に言った選手で大怪我をしてしまうケースが多いことも、私がJリーグを経験してから海外に移籍するべきだと思う理由の一つだ。


3 ミスマッチ

3つ目の理由は、クラブがほしい人材と実際に獲得する選手のミスマッチだ。

海外のクラブが日本人を獲得した際に実際に欲しかったようなタイプの選手でなかったというケースがある。

例えば、ドリブラーがほしかったのにパサーだったり、ストライカーだと思っていたのに1.5列目の選手だったり。

Jリーグのクラブでもこういうことはよく起こっているが、獲得した選手がイメージと違うことが多いのは、日本人を獲得するときだろうか、それともブラジル人など外国人選手を獲得するときだろうか。

答えは言うまでもなく外国人選手だろう。

なぜかというと、日本人選手より情報が少ないからだ。そして、異なる土地、異なる文化、異なるサッカースタイルに適応できるかどうか未知数だからだ。


同じことは海外のクラブが日本人選手を獲得するときにも当てはまる。

このように、国籍の違いというただでさえミスマッチが起こりやすい状況で、Jリーグを経由していない日本人選手は、プレー映像も実績もJリーグでプレーした選手より少ないので、よりミスマッチが起こりやすい状況にある。

さらに Jリーグを経由していない日本人選手は獲得するのにお金がかからないので、クラブからすれば獲得するリスクが少ない。結果として、移籍金がかかる選手ほど、獲得すべきかどうかを熟考することなく獲得することになる。

よって、よりミスマッチが起こりやすくなる。

Jリーグのクラブであれば、高校や大学も常にチェックしているだろうし、どんな選手が戦術にマッチするかもわかっているので、海外のクラブより、的確な日本人を獲得できることは間違いない。

ミスマッチが起こりやすいことも海外に行く前にJリーグを経由するべきだと考える理由の一つだ。

まとめ

ここまで私が若くして海外に行く前にJリーグを挟むべきだと考える理由を述べてきた。

前回は、ただ、選手を挙げるだけで終わってしまったので、今回はそれを踏まえて、なぜ高卒、大卒→海外の事例がうまくいかないのかを考えた。

ただ、現実的には、Jリーグにルーキーの年俸上限があることや久保建英の例などから、若い選手の海外進出は加速していくと思われる。それにより、才能があるにもかかわらず、それを伸ばし切れなかったり、怪我で長期離脱したり、ということがないことを願う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグを経由せず海外に行き失敗した日本人プレイヤー3選

前回の記事でも取り上げたように昨今日本人の海外移籍が盛んだ。
基本的には、今でもJリーグで活躍→海外からオファーが舞いこむ→海外に移籍が大多数の選手の流れである。いま日本代表に入っている海外組は全員Jリーグ経由で海外に移籍した選手たちだ。

だが、このように日本人選手が海外から戦力として注目されるようになっているので、まれに高卒、または大卒の段階で海外に引き抜かれるケースがある。
また、最近15歳でJ3リーグデビューを飾った久保建英のようにユース年代から海外に飛び出す選手もいる。

ただ、海外に選手が出ていくパターンとして、ユース年代は別として、Jリーグを経由せずに移籍することに私は反対である。言い換えれば、日本人が高卒、大卒で海外デビューすることに反対なのだ。
理由はシンプルで、今までそのパターンで成功した選手がいないからである。
もちろん、これまで誰もいないからこれからも成功者が出ないというのは安直な発想であるし、そもそも「成功」の定義も難しい。

しかし、これから挙げる3選手はJリーグを経由せず、海外に行ったことによって、本来持っているポテンシャル、より成長したかもしれない可能性を伸ばし切れなかったと感じる。
そんな3選手を紹介する。

1 伊藤 翔

一人目は言わずと知れた横浜FM所属の伊藤翔。
中京大中京高校のときに注目され、アーセナルのトライアルを受けた際にベンゲルが絶賛した。その際にアンリに例えられたことで、日本でも「和製アンリ」として大きく注目を浴びた。

それをきっかけに海外に目を向けたのか、2006年、高卒1年目にフランス2部のグルノーブルに加入。
グルノーブルといえば、2004年に日本企業のインデックス社が買収し、伊藤翔の前には、梅崎司、大黒将志、後には松井大輔が所属した日本に馴染みのあるクラブ。当時は日本人がGMを務めており、伊藤翔の獲得は話題性のためではないかと思われる。

それを裏付けるように4年間でリーグ戦出場は5試合でゴールはゼロ。その成績で4年間もチームが置いていたことも不可解である。普通の欧州のクラブに所属していれば、遅くとも2年で放出だろう。

その後、伊藤翔は、清水エスパルスに移籍。ここでも3年間はほとんど出ず、4年目芽が出だしたか、というところで横浜FMに移籍。ここではほぼレギュラーとしてプレーし、FWとして平均的な成績を残している。

ただ、得点以外の貢献度が高いFWとはあまりいえない選手である。
伊藤翔の海外移籍、またJでのプレーから察するに、ただベンゲルに褒められたことをマスコミが盛り立てただけで、海外で、活躍できるレベルの選手ではなかったのではないか、というのが私の考えだ。

ただ、最初からJにいれば、今よりもっと良い選手になれたのではと思う。
J1で出れなければJ2にレンタルできるし、自分の実力にあった場所から着実にプレイヤーとしてレベルアップできたのではないだろうか。
 

2 宮市 亮 

2人目は宮市亮である。
おやっ??と思われた方も多いと思う。なぜなら宮市は今も海外でプレーしているからだ。
だが私は宮市は海外に行ったことが失敗だったと思っている。

まずは、宮市の経歴。
伊藤翔と同じく中京大中京高校からアーセナルの練習に参加。ベンゲルに評価されアーセナルに移籍。
そこからフェイエノールトにレンタル移籍。切れ味鋭いドリブルで強い印象を残す。
その後、ボルトンに移籍し、ここでもプレミアの強烈なディフェンダー相手に果敢に仕掛け、ゴールこそなかったもののレギュラーとしてプレー。その後再びレンタル移籍。今度はウィガン。ただ、ここでは右足首靭帯を2回損傷し、ほとんど1年を棒に振る。

翌年は、アーセナルに戻るもほとんど出場はなく、次はオランダのトゥエンテにレンタル移籍。ここでは最初スタメンで起用されるも全くいいプレーができず、リザーブのチームに降格。
翌年には、ついにフリーになり、ドイツ2部のザンクトパウリに移籍するも、右膝の前十字靭帯を断裂し、ほぼ1年を棒に振る。最後の試合で、2ゴール1アシストと結果を残すも、今シーズンはレギュラーではなく、出た試合でもパッとしないプレーに終始している。

宮市はまず怪我が多すぎる。
これはもしJリーグでプレーしていても多かった可能性はあるので、海外でプレーしている故とは断定できない。
プレー面に関しては、ドリブルとスピードが突出していた頃はそれでやっていけていたが、現在のプレーを見ると怪我の影響もあってかスピードは明らかに落ちている。

そこで、顕著に見えるのが、基礎技術の低さと視野の狭さだ。
止める、蹴るがまず安定しておらず、ドリブルを開始したときにそれ以外の選択肢がなくなってしまっている。
客観的に見て宮市がもう1度活躍し、ヨーロッパで成り上がるのは厳しいと思われるので、あと2、3年のうちにJリーグでプレーすることになるのではないだろうか。

ただ、上記の理由ゆえ、J1で活躍できる実力はないと考える。少なくとも浦和や川崎のようにポゼッション型のサッカーでは試合に出るのは難しい。
ただ、彼の今の現状は怪我が大きな理由でもあるので、最初にJリーグでプレーするべきだったかはわからない。
と言いつつも宮市は自身のアーセナル時代についてこんなコメントを残している。

この選手たちと練習をこなしているだけで、何かを成し遂げたような感覚、そんな気持ちになってしまいました

宮市亮からアーセナル入りする浅野拓磨への伝言
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1674763.html

Jリーグのクラブで練習していればそのような気持ちになることはなかっただろう。

3 長澤 和輝

Jリーグを経由せずに海外に行った日本人選手の中で一番悔やまれるのは長澤だ。
まず、経歴を振り返る。
高校時代は八千代でエースとして活躍。大学は、専修大学に入学し、1年生から存在感を示す。
4年時には横浜FMで特別指定選手としてプレー。大学卒業に合わせ、川崎、浦和、C大阪などがこぞってオファーを出していた。しかし、そこで以前練習参加していたケルンもオファーを出し、最終的には川崎と悩んだ末、ケルンに入団した。

ケルンは当時2部で入団してすぐにレギュラーを奪取し、1部昇格に大きく貢献。しかし、次のシーズンでは、左ひざの靭帯を断裂してしまい、ほぼ出場できず。3シーズン目は開幕から出場機会を得られず、シーズン途中に浦和へ完全移籍と同時に千葉にレンタル移籍。千葉では10番としてプレー。来シーズンは浦和復帰が決まっている。

長澤がケルンに行ったのは結果論になるが失敗だった。
たしかに最初のシーズンはチームにダイナミズムを与え、契約延長も果たしているが、その後怪我をし、そこからはまともに活躍できていない。

もし、川崎を選んでいれば、おそらく今頃チームの中心選手として優勝争いをしているか、日本でのプレーを評価され海外に移籍していただろう。
ケルンは槙野が出場機会を得られなかったように日本人が活躍しやすいクラブではない。大迫が昨シーズンまでブーイングされていたように観客のクセも強く、ロングボール主体のサッカーだ。Jリーグとドイツ2部での結果を認められた大迫が挑戦するのは理解できるが、プロで最初のクラブとしてケルンはハードルが高すぎたのではと思う。

長澤はパスをつなぐスタイルで生きる選手だ。フロンターレに移籍していればフィットできたことは間違いない。
それこそ焦らず海外に行かなくても、長友や武藤のように大卒でJを経由しても十分に海外でプレーする時間はある。

日本は、ルーキーの選手の年俸に上限があるため、ケルンが提示した金額はそれを優に超えるものだったに違いない。
金額が、チームを選択するときに影響するのは当たり前であるが、新卒の選手がもしそれを基準に選んでしまったのだとしたら過ちでしかない。

来シーズンは浦和でプレーする予定だが、ベンチで時間を過ごすことがないように願うばかりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加