【湘南×柏】お互いの良さを出し合った好ゲーム。勝ち点1を分け合う。

 

試合総括

年間17位湘南は残り3試合で16位名古屋と勝ち点5差なので、残留のためには絶対に勝たなければならない。
それに対して、2ndステージ優勝でCS進出を目指す柏は、現在4位で首位浦和と勝ち点4差なので、勝ち点3を取って2nd優勝に望みをつなぎたい。

開始早々から湘南が素早い切り替えとプレッシャーでゲームを支配。大槻、高山を中心に勢いよくプレスをかけ、柏を慌てさせる。柏は湘南のミスをついて、ディエゴ・オリヴェイラ、伊東のスピードを使って鋭いカウンターを仕掛ける。だんだん秋野を中心に湘南のプレスをかいくぐり、前線に配給する場面が多くなるがが湘南の激しい寄せに苦しみ、決定的シーンは作れず。湘南の方がやりたいことはできていたが、細かいミスが多く、決定的シーンは全く作れず。シュートはミドルがほとんど。前半から飛ばしているので、後半は柏のペースになると予想できた。

後半も湘南は積極的にプレスをかけるが、柏にいなされ、大きなサイドチェンジから、伊東、クリスティアーノがサイドでボールを持てるようになる。特に右サイド伊東は、何度もしかけ、決定的シーンを作るが、自身もシュートを外し、ディエゴ・オリヴェイラもシュートを決めきれない。柏は多くのCKをゲットするが、クリスティアーノのボールを中山がヘッドで打つもバーに当たるなど、決めきれなかった。湘南も最後にFKを岡本がボレーで合わせるが、中村に横っ飛びで防がれ、試合終了。白熱した好ゲームは、スコアレスドローで両者満足できない結果に終わった。


湘南の「部活サッカー」について

湘南のサッカーは、高校サッカーで格上に勝つためによく使われる戦法のようだ。
技術で劣るので低い位置からつないで相手を崩すことはできず、だからといって、引きこもっているだけでは縦一本でシュートまでいってくれるFWがいないので、ただ守るだけになり攻撃できなくなる。
そういうチームには必然的に高い位置でボールを奪い、少ない手数で相手ゴールに迫る、という選択肢しかなくなる。そのような戦術をチョイスするチームはプロでもたくさんあるのだが、湘南が異なる点は最前線から本気で奪いにいくところだ。

ただ、これは諸刃の剣で前から複数人でボールを奪いに行ってかいくぐられると後ろにはもちろん広大なスペースがある。だから普通のチームは、センターバックには行かず、サイドバックに入ったところからプレッシャーをかけ始めたり、前線ではコースを限定するだけにして雑なボールを蹴らせ後ろで取る、などの工夫を凝らす。
また、最前線から連携してボール取りに行くのを90分続けるには膨大な運動量が必要になる。普通の選手たちをそろえて実行するのはまず無理だ。選手たちがその戦術をやりきる覚悟を決めなければならない。

ただ、個人の技術で劣り、引いて耐える力もない高校のチームは、運動量と根性を鍛え上げ、上記の戦術を採用することが多くある。だから、見ていて湘南のサッカーは部活みたいなサッカーだと思った。
湘南は、ボールを奪ってオフェンスに転じたとき、後ろから追い越す選手はものすごく多いものの、イージーなミスが多くチャンスにならず、また、意外性に欠けているのも部活サッカーという印象を受けた理由の一つだ。
おそらく、昨シーズンはそのような印象を受けなかったのは、永木と遠藤がいたことで、もっとボールを回せていたり、2人が周りの選手を動かしながらずる賢くサッカーをできていたりしたからだろう。
今の湘南はバカ正直にすべてにプレスにいき、取ったらすべて急いで、縦に出してしまうため、取ったボールをすぐ失なってしまう悪循環に陥っていた。
また、プレッシャーに行くときはあれだけ走るのに、味方が持った時の動き出しに乏しいのはとてももったいない。プレッシャーで体力を使ってしまっているから、動き出せないのかもしれないが。

最後に手のひらを返すようだが、湘南のサッカーを見ているととても応援したくなった。足元はJ1ではかなり劣るし、イージーミスも多いが、それでも前を向いて走り続けていた。あれだけ一生懸命さがダイレクトに伝わってくるチームはなかなかないはずだ。
応援したい、見に行きたいと思うチームが必ずしも強いとは限らない。湘南は、勝敗に関係なく、応援したくなるチームだと感じた。

採点

☆湘南ベルマーレ

GK 1 村山 智彦 6.5
開始早々のディエゴ・オリヴェイラのシュートをはじめ、きわどいシュートはいくつかあったものの安定したセービングで対処。

DF 4 アンドレ・バイア 7.0 MOT(Man of the Team)
フィジカルが強く、テクニックもあるディエゴ・オリヴェイラを抑え込んだ。
特にくさびに対して強くつぶしにいき、自由にさせなかった。
スピードある伊東純也のカバーも怠らず、終盤にはアリーアのパスミスをかっさらった武富との1対1も落ちついて対処。
バイアがいなければ無失点は不可能だっただろう。

DF 36 岡本 拓也 6.0
クリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラとのマッチアップもくらいついた。
最後のボレーシュートはスーパーセーブに阻まれたのは不運だった。

DF 6 三竿 雄斗 4.5
ハイボールの処理が不安定。
前半から、クリアミスが目についたが、後半も改善されず危うくレッドカードをもらうところだった。
空中戦でも、高さが強みではない伊東純也に競り負ける。今日は明らかに湘南の穴だった。
オフェンス面でも精度を欠いたクロスしか上げられず。

MF 28 神谷 優太 6.0
エネルギッシュなプレーで攻守に貢献。
自陣でディエゴ・オリヴェイラに体をぶつけボールを奪ったかと思えば、最前線まで出ていき、シュートを試みる。
まだ19歳にしてJ1で堂々とやっていて、将来が楽しみだ。

MF 22 下田 北斗 5.0
特に存在感を示せず。

MF 24 奈良輪 雄太 6.0
右サイドの上下動を繰り返す。
何度かよいクロスを上げ、ディフェンス面でもクリスティアーノと輪湖にうまく対処。

MF 10 菊池 大介 5.0
2本ほどミドルシュートを打つも精度を欠く。
判断も悪く、持ちすぎて奪われるシーンが散見されたほか、三竿のオーバーラップも効果的に使えていなかった。
伊東純也にもドリブルでぶち抜かれるなど、攻守にチームの足を引っ張ってしまった。

FW 8 山田 直輝 6.0
中盤を動き回り、チームの潤滑油となったが、ゴール前ではクオリティは示せなかった。

FW 23 高山 薫 5.0
高山がドリブルを開始すると絶望的な雰囲気が漂う。
アタッキングサードでドリブルを開始してもボールが足につかず、低い位置でドリブルするとスピードを上げて相手DFに突っ込む。致命的なのはドリブル中に視野が確保できていないことだ。
また、微妙な判定の後に熱くなり危険なファールをする。というのはキャプテンとしてふさわしくない行為だ。

FW 19 大槻 周平 4.5
ゴールの匂いがしないのはFWとしてまずい。
ただの最前線にいるDFになってしまっている。
湘南がボールを持った時の動き出しが少なすぎる。

【途中出場】
MF 15 長谷川 アーリアジャスール 5.0
途中から出るも安易なパスミスをするなど、マイナス面が目立った。

MF 32 斎藤 未月 6.0
積極的に前からボールを追い、相手が嫌がる存在になっていた。
守備面はいいが、ボールを持った時には、違いを生み出せず。

MF 9 ジネイ 5.0
不用意なファールをするなど、ベテランらしからぬプレー。


 

☆柏レイソル

GK 23 中村 航輔 6.5
ほとんど出番はなかったが、最後のスーパーセーブは見事。
大槻の猛プレスを切り返しでかわす余裕も見せた。

DF 4 中谷 進之介 6.0
素早いプレスにも怖けずつないでいて素晴らしかった。

DF 29    中山 雄太 6.0
安定したロングフィードで攻撃の起点となった。
何度か1対1の対応にミスがあった。CKからのヘディングはドンピシャだっただけに決めたかった。

DF 8 茨田 陽生 6.0
ビルドアップでミスはあまりなく、菊池にもほとんど仕事をさせなかった。

DF 22 輪湖 直樹 6.0
タイミングのよい攻撃参加でアクセントとなる。
クリスティアーノがいまいち生かし切れていなかったのがもったいない。

MF 17 秋野 央樹 7.0 MOT(Man of the Team)
チームのパスワークをコントロールしていた。
湘南のプレスをかいくぐり、有効なサイドチェンジを供給。
終盤には自ら強烈なハーフボレーを放った。柏の頭脳。

MF 19 中川 寛斗 5.0
古巣との対戦で気合が入りすぎていたのか、ドフリーでのシュートを浮かす。
ショートカウンターから迎えた数的優位の場面でも、ななめに走って相手を引きつければ、クリスティアーノがフリーになれたが、直線に走りスペースをつぶす。
元々そこに走り込める選手ではあるはずなので、集中力や判断の問題か。

MF 25 小林 祐介 6.0
守備に奔走し、チャンスの芽を摘んだ。

FW 14 伊東 純也 7.0
特に後半は自慢のスピードで脅威となった。
わかっていても止められないレベルにいるのはJで斎藤学と伊東純也だけだと思う。

FW 37 クリスティアーノ 5.5
ここ最近は調子が上がっていない。
ボールを持った時、タメを作る、仕掛ける、サイドチェンジ、シュートと選択肢が多彩なのが長所だが、この試合ではグダグダボールを持ってやりきれない場面が多かった。
フリーキックも壁に当て、チャンスをフイにした。

FW 11 ディエゴ・オリヴェイラ 5.0
アンドレ・バイアのマークにイライラを募らせる。
伊東のパスから得た2回の決定機に両方枠に飛ばせなかったのは、引き分けになってしまった要因。
負傷退場してしまったが、軽症であることを願う。

【途中出場】
MF 15 武富 孝介 5.0
伊東のシュートの跳ね返りを決めきれず。
中川と同じく古巣相手で気合が空回っていた印象。

【採点なし】
MF 10 大津 祐樹
MF 34 ドゥドゥ

☆主審
飯田 淳平 7.0
ファールの基準が一定していた。
激しいコンタクトも流す場面が多く、ゲームのスピーディな展開を損なわなかった。