Jリーグサポーターの審判の扱いはアンフェアじゃないか

Jリーグサポーターの審判の扱いはアンフェアじゃないか

ついこの前のカシマスタジアムでのJリーグCS決勝第1戦。

後半10分、柏木が右サイドから上げたクロスに反応しようとした興梠が西と接触し倒れる。このプレーに対して家本主審はPKのジャッジ。

うーん微妙だ。西がわざと押し倒しているようにも見えるし、興梠がPKをもらいにいっているようにも見える。半分の主審はPKをとり、半分の主審は流すようなプレーでははないだろうか。

つまり言い換えればPKをとっても正解、とらなくても正解なプレーというような微妙なプレーだった。いずれにせよ、西と興梠が接触していることは確かなのだから、PKをとっても誤審とは程遠い判定である。

しかし、人々の多くの意見は誤審というもので、家本主審は批判にさらされた。





明らかに反応がおかしい。

確かに家本主審がこれまで捌いてきた試合の中で信じがたいミスを犯したことはあった。しかしそれを差し引いてもこの言われようはあまりに理不尽だ。

鹿島サポーターだけが怒っているのであれば自チームの勝敗に関わる判定なのでまだ理解できる。しかし、Twitterを見る限り、それ以外の人たちも家本主審をバッシングするような声を上げていた。

ちなみに筆者は、この接触はPKで正しかったと考えているが、仮に誤審だったとしてもまるで主審が犯罪者のように叩かれることに違和感がある。

審判がJサポーターから判定如何に関わらず敵意むき出しで見られているのは健全な状態ではない。



審判だって人間

自明のことだが審判だって人間である。

ルールブック通りに100%正しい判定をできることもあるかもしれないが、ミスをしてしまうこともある。

選手がシュートやパスをミスしてしまうことがあるように審判も間違った判定をしてしまうことがあることをサポーターは受け入れるべきである。

選手がプレーをミスしても「頑張ってやっているから仕方がない」という声は必ずあるのに対して、審判がミスをした場合は、「頑張ってやっているから仕方がない」という声が全くない。

それどころか、まるで恣意的に片方のチームを陥れようとしていると捉える風潮すらある。

審判はアマチュアでも経験がある者はわかると思うが、とても難しい。

私は副審しか経験がないが、オフサイド1つ取るにしてもボールの位置、最終ラインを同時に視野に入れ、ボールが出たタイミングでギリギリ体が出ているかどうかを見極めなければならない。それも選手がトップスピードの中でだ。

アマチュアでも難しいのに、ましてやプロになれば、走るスピード、パスのスピード、意外性、駆け引きなどが桁違いなので、その中で、ファールやオフサイドを判断するのはとても難しいことは想像に難くない。

もちろんだからと言って、審判のミスを許容するべきだとは思わない。ただ、正しいジャッジをするのは難しい100%正しい判定をするのは不可能に近いという認識があるだけで、審判への反応はもっとリスペクトが感じられるものになる。

審判がミスを犯したとき、まるで誰でもできることをできなかったかのようなバッシングの仕方はおかしい。


主審はサポーターより多く情報を持っている

毎試合スタジアムに行っているサポーターやテレビで観戦しているサポーターは選手に関して多くのことを知っているだろう。

例えば個々のプレーでいえば波があるのかないのか、リーダーシップがあるのかないのかなど多くのことが見えてくる。

ただ審判はピッチの中でサポーターよりも近くで実際のプレーを見ているし、選手の声を聴いているし、審判に対する選手の態度も知っているわけで、Jサポーターよりも圧倒的に生の選手を知っているわけだ。

実際、選手の性格やプレーについて事前に情報も持っていればかなりの可能性で正しい判定ができる。

例えばあるDFがFWを倒したとして、ファールか、ファールでないか微妙なシーンがあったとする。その時にジャッジを下すにも、そのDFは手癖が悪いのかどうか、そのFWは接触がなくても倒れるようなプレーをする選手なのかどうか、あらかじめ情報があれば、それを参考にその瞬間の判定ができる。

CS第1戦のPKの判定についても私はそれまでの興梠のプレーと西のプレーが影響していたと考えている。

西はCS第1戦でもボールと関係ないところで相手選手を引き倒している。このシーンを見てくれればわかるが、エウシーニョがクロスを上げる際に中に入ってくる登里を両手でプッシュしている。

これは明らかなファールだが、私はこのPKがとられなかったことを不満に思っていない。なぜならサイドにボールがあるこの場面で中の選手の一挙手一投足をチェックするのはほぼ不可能だからだ。

現に私もこのシーンを現地で見ていたが、登里が西に倒されたことに気づかなかった。後にそのことが書かれたツイートを見つけ、見返してみたところ完全なファールだった。

審判は、自分が捌く試合に関連するチームの試合などはチェックしている可能性が高い。であれば、CS決勝の第1戦を捌いた家本主審はこのシーンを見ていたに違いない。

そのうえでCS決勝の第1戦であの場面に遭遇したらPKを取るのは当たり前ではないだろうか。

 
 

ちなみに上記の西と登里のシーンはスポーツ記事どころか、ツイッターでも話題になっていない。なぜならほとんどの人が気付いていないからだ。

 

言い換えれば、サポーターの見えている範囲などそんなものなのだ。テレビと違って、ピッチすべてが見渡せる現地観戦でも、見えているのは一部にすぎない。

審判は私たちより多くを見ている。多くを知っている。ということを肝に銘じるべきだ。


 

最後に:審判を褒めよう

 

これを読んでいる人の中で審判を批判したことがある人はどれだけいるだろうか。

その一方で、審判を褒めたことがある、称えたことがある人はどれだけいるだろうか。


 

おそらくほとんどの人が審判を批判したことがある一方で、審判を称賛したことはないはずだ。

 

その証拠に私たちは、判定に不満があった試合の主審の名前は憶えているが、試合が円滑に進み、おかしなジャッジがない試合の主審の名前は全く出てこない。

 

審判がミスしたときにブーイングはするが、審判に拍手が与えられることはない。

 

それはとてもおかしなことではないだろうか。悪かった時ときに罵るのであれば、よかったときに褒めないとアンフェアだ。

 

選手は悪いプレーをしたときにブーイングされたり、罵声が飛んだりするが、よかったときにはとびっきりの称賛や高い評価が待っている。

 

審判も同じようにあるべきだ。

現状は悪い時だけつるし上げられ、いい時には何も反応がない。それでは審判の人々もスキルを向上させよう、より良いジャッジをしようという気にはなれないだろう。

 

審判がいなければ、試合は成立しないのだから、選手と同じようにリスペクトをもって接するべきだ。Jリーグにおいて、審判のレベルアップが必要であるなら、審判がよりレベルアップしたいと思う環境をサポーターで作っていく必要がある。

 

よいレフェリングができたときは、サポーターももっと褒めるべきだ。審判もいいレフェリングをすることで、Jサポーターの中で自分の評価が上がっていくことを感じることがあれば、よりジャッジを向上させようと思えるのではないだろうか。


CS決勝第2戦では、佐藤主審の出来はほぼ完ぺきに近いものだったが、それに対する称賛のツイートをいくつか見つけることができた。


このような声が、批判と同じくらい上がるようになれば素晴らしいと思う。

以下の言葉は家本主審が過去に語った記事から引用した。

普段から審判を批判することが当たり前になっている人は、それで本当にいいのか、考える材料にしていただきたい。


心の葛藤というかモヤモヤ感は常にあって、そのはけ口が僕ら審判にはどこにもないという辛さは現実問題としてあります。 僕らも選手と同じ人間だから、時には「ウォー」って叫びたくなるときもあるんですよ(笑)。これって僕らトップ審判だけの悩みではなく、「町のお父さん審判」のレベルでも同様にあって、審判をされる方を本当に苦しめているんです。
引用- 家本政明氏「審判も生活をかけている」半永久追放の1戦から、サッカー国際主審になるまで-logmi