悔しい敗戦、広州恒大先制するも逆転負けを喫する【クラブワールドカップ3位決定戦】

12月20日(日)に、横浜国際競技場で行われましたサンフレッチェ広島 vs 広州恒大とのクラブワールドカップ3位決定戦で、広州恒大は2−1で敗北し、4位でクラブワールドカップを終えました。

3位決定戦のスタメン

試合の流れ

試合は、広州が最初のチャンスをつかみ、その後は一進一退の攻防が続く緊張感のある戦いとなりました。

前半4分 広州恒大は試合開始早々にチャンスをつかみます。広州はショートコーナーからシュートにつなげると、広島の林選手がはじき、そのこぼれたところを広州のガオ・リン選手がボレー、さらにパウリーニョ選手がコースを変え、先制ゴールを決めました。

前半23分 広島は2連続でチャンスを迎えます。カウンターから広島の清水選手がクロスを上げ、佐藤選手が頭で合わせるも、ゴールを守りきりました。そして、再び清水選手からのクロスに佐藤選手が左足でシュートを放つも、再びゴールを守りました。

その後もお互いチャンスを作り出すも、どちらもゴールはできず、広州の1点リードで前半を折り返しました。


後半13分 広島は佐藤選手に変えて、ドウグラス選手を投入したところ、この選手を止め切れなかったが敗因だと思われます。

後半25分 広島はコーナーキックからドウグラス選手に頭で押し込まれ、同点に追いつかれます。

後半39分 広州は徐々に足が止まり始めます。広島の柏選手のクロスに浅野選手がヘディングシュートを放つも、クロスバーに救われます。そこにドウグラスが再び頭で押し込み、2−1と広島が逆転します。

そのまま試合は終了のホイッスルを迎え、2−1で広島に逃げ切られ、広州は敗退しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加