リーベルプレート、サンフレッチェ広島に1−0と苦しみながらの勝利【クラブワールドカップ】

12月16日(水)に、大阪長居スタジアムで行われましたサンフレッチェ広島 vs リーベルプレートとのクラブワールドカップ準決勝での戦いで、リーベルプレートは1−0でサンフレッチェ広島に勝利し、見事決勝へと駒を進めました。

準決勝のスタメン

試合の流れ

試合は、サンフレッチェ広島が終始優位に立っていたと言えます。

前半25分 広島の皆川選手がGKのバルベロと1vs1になるも、相手のミスで得点を奪われることなく終えました。

前半30分 今度はカウンターから広島のドウグラス選手にDFラインを突破され、再び皆川選手にパスが渡るも、ゴールラインを割らせることなく終えました。

前半39分 広島の青山選手のスルーパスから皆川選手にボールが渡りゴールを狙われますが、リーベルプレートのGKバロベロ選手がすばらしいセービングを見せました。

こうして広島が攻勢を仕掛けるも、ゴールを守りきったのが前半のリーベルプレートです。

後半が始まるも、お互いがなかなか攻撃のチャンスを得点につなげられなかった展開でした。

後半27分 センターラインよりの箇所からリーベルプレートのフリーキックで、ゴール前にボールを放り込むと混戦からアラリオ選手がヘディングからゴールネットをゆらしました。

そして、リーベルプレートは広島の攻撃をことごとくシャットダウンし、そのまま試合は終了のホイッスルが鳴り響きました。

 

3位決定戦の相手

12月17日(木)に行われる、バルセロナ vs 広州恒大の勝ったチームとの対戦となります。

 

Player!では、クラブワールドカップのリバープレートの試合を全て放送予定です。
Player! LIVE: クラブワールドカップ決勝

Player!をまだダウンロードしていない方はこちらの画像から、ダウンロードを!!

このエントリーをはてなブックマークに追加