サンフレッチェ広島、0−1でリーベルプレートに悔し過ぎる敗戦【クラブワールドカップ】

12月16日(水)に、大阪長居スタジアムで行われましたサンフレッチェ広島 vs リーベルプレートとのクラブワールドカップ準決勝での戦いで、サンフレッチェ広島は0−1で敗北し、3位決定戦にまわることとなりました。

準決勝のスタメン



試合の流れ

試合の前半は、サンフレッチェ広島の善戦と言えました。

前半25分 皆川がGKと1vs1になるも、シュートは打ちきれずチャンスを潰してしまいます。

前半30分 今度はカウンターからドウグラスが抜け出し、再び皆川にラストパスが出るも、このチャンスも活かせず終わります。

前半32分 再びカウンターから茶島にチャンスがおとずれるも、三たびチャンスを活かせませんでした。

前半39分 青山のスルーパスから皆川にボールが渡るも、今度もまたリーベルプレートのGKバロベロに阻まれます。

こうして広島が攻勢を仕掛けるも、ゴールに結び付けられなかったのが前半です。

後半が始まるも、お互いがなかなか攻撃のチャンスを得点につなげられなかった展開でした。

後半27分 センターラインよりの箇所からリーベルプレートのフリーキックで、ゴール前にボールを放り込むと混戦からアラリオがヘディングからゴールネットをゆらしました。

そして、まずは同点へと近づこうとする広島の攻撃をリーベルプレートはシャットダウンし、そのまま試合は終了のホイッスルが鳴り響きました。

 

3位決定戦の相手

12月17日(木)に行われる、バルセロナ vs 広州恒大の負けたチームとの対戦となります。

Player!では、クラブワールドカップのサンフレッチェ広島の試合を全て放送予定です。
Player! LIVE: クラブワールドカップ3位決定戦

Player!をまだダウンロードしていない方はこちらの画像から、ダウンロードを!!


このエントリーをはてなブックマークに追加